モバイルルーター

【W06とWX05を実機比較】WiMAX2+を契約するならどっちがいい?

更新日:

W06とWX05どっちがいいのか比較WiMAX2+から、ほぼ同時期に発売された『W06』と『WX05』。

これからWiMAXを契約する方にとって、通信速度の速さや初めて聞くような言葉とかもあって、「結局どっちを選べばいいんだろう?」と迷ってしまいますよね。

先に結論を伝えておくと、以下のことを基準に決めればOKです。
ぽけっぴー
  • 通信速度や性能で選ぶなら『W06』
  • 有線LANケーブルに接続する予定があるなら『WX05』

こちらの記事では、W06とWX05を実際に使用して、通信速度やバッテリー、機能などを徹底的に比較しましたが、大きな性能差はないので、上記の基準で選べば十分。

ただ、これだけの説明だと「??」な方もいると思うので、比較した結果なども詳しく解説します!

W06とWX05どちらにするか、まだ迷っている方は続きも読んでいただければ、あなたに合った機種はどちらなのか、納得して決めることができますよ。

GMOとくとくBB公式サイト

W06とWX05の性能を実機を使って徹底比較!

W06とWX05で比較したのは以下の4点。

  1. 通信速度
  2. バッテリー持ち
  3. 持ち運びやすさ・使いやすさ
  4. W06とWX05の機能・特徴

料金や月間データ量などは、同じWiMAXプロバイダのギガ放題プランを利用したことを仮定として比較していくので、純粋にW06とWX05の端末の性能差だけを比較しました。

では、早速W06とWX05の性能を比較していきますね。

+ W06とWX05の基本性能を確認

  wimax2+ w06 wimax2+ wx05
製品名 Speed Wi-Fi NEXT W06
(HUAWEI)
Speed Wi-Fi NEXT WX05
(NEC)
通信速度 HS 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
HS+A 下り最大1,237Mbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
連続通信時間 約9時間 約11.5時間
サイズ 約128×64×11.9mm 約W111×H62×D13.3mm
重量 約125g 約128g
クレードル なし あり

1.通信速度はW06の方が速い

W06の方が通信速度が速い

まず、メーカーが発表しているW06とWX05の通信速度を比較したところW06の方が速いという結果に!

  W06 WX05
  W06 wx05
最大通信速度 ハイスピード ◎下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
〇下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラス 下り最大1,237Mbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps

特に、ハイスピードプラスエリア(HS+A)に設定時のW06の下り最大通信速度は、867Mbps(有線接続で1.2Gbps)と全機種の中で圧倒的な速さになっています。

「初のギガ越え(光回線並みの速度)」なんて書かれてますが、1点だけ注意があります。

その注意点とは、この最大通信速度を出すためには

  • ハイスピードプラスエリア(HS+A)を利用
  • ハイパフォーマンスモード、4×4MIMOを利用
  • 1.2Gbpsが出るのは一部の地域(拡大中)
  • 別売りのType-Cケーブルで有線接続

といった条件が揃ったときに出る理論上の最大通信速度であるということです。

ハイスピードプラスエリアとは、WiMAX2+回線とauのLTE回線を同時に使う設定で、月7GBしか使えない制限があるんだよ!
ぽけっぴー

そのため、通信速度で見るべきなのは月間データ量無制限のハイスピードモードでの最大通信速度

W06とWX05の通常時の速度を比較すると、W06の方が通信速度がやや速いです。

W06とWX05の実機を使って速度を計測してみた

w06とwx05の速度を比較

メーカーが発表しているのは、あくまで理論値なので実際の速度も比較しました。

速度測定に利用したのは、「Fast.com」と「SPEEDTEST」の2つで、ギガ放題で使うときのメインとなるノーマルモード(W06だとスマートモード)で計測してみました。

W06の外での速度計測結果

WX05の外での速度計測結果

まず最初に、外でW06とWX05の速度を計測した結果は上記のようになりました!

上り速度(アップロード)に差はありませんでしたが、下り速度(ダウンロード)は大きく差が開く結果となり、W06の方がビュンビュンに速いってことが分かりましたね。

室内でW06とWX05の速度を計測結果した

https://toripoke.com/wimax-w06-review/

  • Fast.com…下り31Mbps
  • SPEEDTEST…下り27.3Mbps、上り4,56MBps

wx05の速度測定

  • Fast.com…下り13Mbps
  • SPEEDTEST…下り14.1Mbps、上り0.14MBps

結果としてはW06の方が圧倒的に速いってことが分かりました!

下り速度は10Mbps以上出てれば動画などは普通に見ることができるので体感的には変わらないレベルですが、上り速度が遅すぎるのが少し気になりましたね。仕事で使う方とかは注意です。

何度か計測したり、エコモードやハイパフォーマンスモード、HS+Aなど設定を色々変えても、W06がWX05に平均速度で負けることはありませんでした。

メーカーで発表されている数値通り、W06の方が通信速度は上になりますね。

  • 下り速度…サイトや動画を読み込む速度
  • 上り速度…データやファイルを送信する速度

2.バッテリー持ちはWX05の方がいい

WX05の方がバッテリー持ちがいい

通常設定利用時のバッテリー持ちは、WX05のほうが約2時間半も長く使えるという結果に!

  W06 WX05
  W06 wx05
連続通信時間 〇ハイパフォーマンス:約7.1時間
ノーマル:約9時間
バッテリーセーブ:約11.6時間
◎ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
バッテリーセーブ:約14時間

モバイルルーターは毎日持ち歩いて使うことが多いので、約2時間半も長く利用できるのはバッテリーがなくなることを心配する必要もないので安心して使うことが出来ます。

W06も約9時間も利用できるので必要なときだけ使う方にとっては十分ですが、1日中ずーっとWi-Fiに繋いでパソコン作業する方の場合、WX05なら途中で充電する手間がありません。

  • ハイパフォーマンス(最速)…自宅で充電しながら動画を見るときなど
  • スマート・ノーマル(中速)…日常的に使うときは、こちらの設定でOK
  • バッテリーセーブ・エコ(低速)…電波状況がいい場所や電池を長く持たせたいとき

また、パフォーマンス設定を上手に使いこなせば、電池切れに困ることがなくなりますよ。

3.持ち運びやすさ・使いやすさを比較

w06とwx05で持ち運びやすさは変わらない

持ち運びやすさについては、どちらもほとんど変わりないですね。

  W06 WX05
  W06 wx05
サイズ 〇約W128×H64×D11.9 〇約W111×H62×D13.3
重量 約125g 約128g

しいていうなら、W06の方がデザインがかっこいいし、丸いフォルムになってて、手触りが滑らかなので持ち運びして使うときに使い心地が良く感じます。

使いやすさに関しては、WX05のパフォーマンスモード切替が分かりにくかったので印象が悪く、W06は直感で使いやすいし、画面のタッチ動作もぬるぬる動くから使いやすい印象です。

4.W06とWX05の機能・特徴を比較

WX05のクレードル

最後の比較として、W06とWX05それぞれの機能について比較します。

W06

  • WiMAX機種で最速1.2Gbps
  • 高性能ハイモードアンテナ搭載
  • TXビームフォーミング搭載
  • モード自動切り替え機能
  • USB接続で高速通信

WX05

  • 受信感度をあげるクレードル対応
  • WiMAXハイパワー
  • ビームフォーミング対応
  • ワンタイムHS+A
  • Wi-Fiビジュアルステータス

基本的に名前が違うだけで、機能的にはほとんど一緒です。

Wシリーズは旧機種W05のときは「TXビームフォーミング」機能がなかったので、機能的にややWX05に軍配が上がっていましたか、W06とWX05では体感的に差がありません。

ただ、W06は今回からクレードルがなくなってしまいました!

外メイン・Wi-Fiメインで利用する方にとっては、Wシリーズのクレードルはただの充電台なので必要ないものですが、クレードルがないと有線LAN接続ができません。

そのため、PS4などに繋げたいならWX05、自宅用ならHOME L02を選ぶようにしたほうがいいですね。

W06とWX05どちらがいいか?選ぶポイントはコレ!

外で使うことがメインなら『W06』

W06

有線LANケーブルを使わないならW06を選べば間違いありません。

クレードルがないのが唯一の弱点なので、有線LANケーブルを使う方は注意が必要ですが、外メイン、自宅で普通にネットやSNS、動画を中心に使うのであればW06の方が満足度が高いです。

WX05と比較したときに、バッテリー性能は劣りますが、あまり気になりませんでした。

通信速度や操作画面の使いやすさなど、実際の使用感としてW06の方がおすすめですね。

有線LANで使うことも考えるなら『WX05』

wx05

有線LANケーブルが必要なのであればWX05を選んだ方がいいです。

W06にはクレードルがなく、有線接続できる方法はUSBケーブルだけになってしまったため、PS4やWi-Fi機能がないパソコンと接続したいのならWX05、HOME L02、もしくは旧機種W05を選ぶしかありません。

WX05のクレードルは、クレードル自体にも電波をキャッチしやすくする機能も搭載されているので、有線LANで接続することも考えているならWX05を選びましょう。

W06とW05の比較まとめ

最後に、W06とWX05を比較した結論をまとめますね。

  • 通信速度や性能で選びなら『W06』
  • 有線LANケーブルを使う予定なら『WX05』

最初にもお伝えしたように、有線LANケーブルを使うかがどうかが決め手です。

有線LANケーブルを使ってPS4などに接続したいとかであればWX05がいいですが、別にオンラインゲームとかしないよって方なら、通信速度が速いし使いやすいW06を選んでください。

W06の方がアンテナが少ない場所でも、バシッと電波をキャッチしてくれますよ。
ぽけっぴー

WX05はクレードルで有線LAN接続できる以外のメリットはあまりないように感じました。

W06とWX05どちらにするか迷っていた方は参考にしてください。

GMOとくとくBB公式サイト

【2019年版】おすすめモバイルWiFiルーターBEST3

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+
  • 月額2,170円から利用可能
  • WiMAXプロバイダ最安値
  • 最新機種も無料で利用可能
  • 3年間の総コストが安い

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最も安いのがGMOとくとくBB。1~2か月目2,170円、3ヵ月目以降3,480円と契約期間のトータルで見ると断トツ安いので、初めてWiMAXを利用する予定ならGMO以外だと数万円損してしまうレベルです。

SAKURA WiFi

  • 月額3,680円で利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • 3日間10GB以上、月100GB以上利用可能
  • WiMAXより電波が繋がりやすい

契約期間の縛りや日にちによる速度制限がないWiFiレンタルサービスの『SAKURA WiFi』。WiMAXのように3日10GBなどの縛りがないのに3,680円で利用可能。1日中にガッツリ使いたい方におすすめ。

縛りなしWiFi

  • 月額2,800円から利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • WiMAXやY!mobileとまったく同じ条件
  • 1ヶ月の短期にもおすすめ

WiMAXやSoftBankのポケットWi-Fiを契約期間なしで利用できるレンタルサービス。WiMAXのように契約期間の縛りがないのに月額2,800円で利用できたりと、1ヶ月~2年の短期で利用したい方にもピッタリです。

-モバイルルーター

Copyright© TORIPOKE|鳥でも分かるポケットWi-Fi初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.