ホームルーター

『WiMAX HOME 01』のスペックを徹底調査!『L01s』との違いは?

更新日:

WiMAX HOME 01のスペック

最新ホームルーター『L02』が発売開始!

2019年以降に契約・機種変更するなら『L02』がおすすめ!
詳しくはこちら⇒『WiMAX2+『L02』を徹底レビュー!

UQコミュニケーションズから、最新ホームルーター『WiMAX HOME 01』が12月7日に発売されましたね!

WiMAX2+では、2018年1月に発売された『Speed Wi-Fi HOME L01s』が人気で売れまくっていましたが、今回発売されるのはNECプラットフォームズが開発したホームルーターになります。

名前が似ててややこしいね。で、今までのホームルーターと何が違うの?
大きく変わるのが、NEC製の『WX05』などに搭載されてるビームフォーミングとWiMAXハイパワーという機能のおかげで受信速度が約70%も改善されていることだね!
ぽけっぴー

端末の種類が増えると、どれを選べばいいか迷ってしまうと思いますが、自宅で光回線の代わりにWiMAX2+を利用するなら『WiMAX HOME 01』を選んだ方がいいですね。

ただし、まだ利用者が少ないので、安心度で選ぶなら『L01s』を選ぶのもアリです。

こちらの記事では、WiMAX HOME 01とSpeed Wi-Fi HOME L01sのスペックについて徹底的に比較していくので、あなたが納得できるホームルーターを選ぶようにしましょう。

WiMAX HOME 01』と『HOME L01s』を比較してみた!

WiMAX HOME 01とL01sを比較『WiMAX HOME 01』と『Speed Wi-Fi HOME L01s』は、同じWiMAX2+のホームルーターですが、作っているメーカーが違うため、スペックや機能、デザインにいくつかの差や違いがあります。

それぞれのスペック差を比較したので、まずはこちらをご覧ください。

  WiMAX HOME 01 Speed Wi-Fi HOME L01s
メーカー NECプラットフォーム HUAWEI
下り最大速度 440Mbps 440Mbps
上り最大速度 75Mbps 30Mbps
対応ネットワーク WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
Wi-Fi規格 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
外部インターフェース 有線LANポート×2 有線LANポート×2
同時接続台数 22台
(有線LAN×2、Wi-Fi×20)
42台
(有線LAN×2、Wi-Fi×40)
サイズ H155×W70×D100mm H180×W93×D93mm
重量 約338g 約450g

スペックを比較すると、『WiMAX HOME 01』の方が上り速度が速く、軽量化してるのが分かりますよね。

ネット閲覧や動画を視聴するだけなら、どちらを選んでも差を感じないかもしれませんが、仕事などでファイルをアップロードすることが多いなら、上り速度が速いWiMAX HOME 01の方が便利ですね。

また、WiMAX HOME 01には「ビームフォーミング」と「WiMAXハイパワー」という機能が搭載してます。

WiMAX HOME 01で注目の「ビームフォーミング」と「WiMAXハイパワー」

WiMAX HOME 01のWiMAXハイパワー

「ビームフォーミング」と「WiMAXハイパワー」とは、簡単に言うとWiMAX2+の電波をキャッチしやすくし、室内でも広範囲に電波が届きやすくしてくれる機能の事です。

  • ビームフォーミング…広範囲に電波を送りやすくする
  • WiMAXハイパワー…WiMAX2+の電波を受信しやすくする

同じメーカーのモバイルルーターである『WX05』などよりも、接続端末への通信速度が約50%改善、電波が弱い場所での受信速度が約70%も改善されて通信が途切れにくくなっています。

受信速度が改善されてるのは嬉しいね!
モバイルルーターは家の中だと電波の受信が弱くなるけど、このWiMAX HOME 01なら、そんな心配がないから安心して使えそうだね!
ぽけっぴー

実際の速度は場所や環境に左右されますが、モバイルルーターよりは確実に速くなります。

ちょっとデザインが残念だけど全然許せるレベル

『Speed Wi-Fi HOME L01s』と比べて、デザインがちょっとダサいかな?と思ったけど、正直約100gも軽くなって、コンパクトだから全然気になりませんね。

深キョンが持っても小さく見えるレベルです。

これだけコンパクトだと置く場所にも困らないし、本当にコンセントに挿すだけで、すぐにインターネットが使えちゃうので、光回線のように工事などの手間や待ち時間もいらないのは嬉しいですね。

唯一、『Speed Wi-Fi HOME L01s』に劣ってるのが同時接続台数

WiMAX HOME 01がSpeed Wi-Fi HOME L01sに唯一劣っているのが、同時接続台数。

といっても、2.4GHzに10台、5GHzに10台、有線LANが2台の合計22台も接続できるから、家庭で使う分には十分な台数が確保されているので大きなデメリットにはなりません。

んー見れば見るほど『WiMAX HOME 01』の方がいいよね?
だよね!NECもHUAWEI(ファーウェイ)の『L01s』を研究して、より選ばれるようなホームルーターを作ってきたんだね!
ぽけっぴー

WiMAX HOME 01』と『HOME L01s』迷ったときに選ぶポイント

ホームルータ選びで迷ったときに選ぶポイントは以下を参考にしてください。

  • スペックで選ぶなら『WiMAX HOME 01』
  • 安心感で選ぶなら『Speed Wi-Fi HOME L01s』

現状、『WiMAX HOME 01』は発売されて間もないホームルーターなので、利用者の評価や口コミがほとんどないため、使い勝手やどのくらい満足度が高いか分かりません。

そのため、スペックだけで選ぶなら『WiMAX HOME 01』、安心感で選ぶなら、利用者も多くて満足度の高い『Speed Wi-Fi HOME L01s』を選ぶといいですね。

もし、『L01s』の評価も詳しく知りたい場合は、こちらも読んでみてください。

>>>WiMAX2+『HOME L01s』の評判をアンケート調査!利用者の実際の評価は?

まとめ:『WiMAX HOME 01』がホームルーターの主力になる

『WiMAX HOME 01』はまだ発売したばかりなので、のちのち評価や口コミなどをまとめたいと思いますが、スペックを見る限りだとWiMAX2+の主力ホームルーターになりそうですね!

最後に、WiMAX HOME 01の特徴やスペックをまとめておきます。

  • コンセントを挿すだけでインターネットを利用できる
  • 下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsの高速通信
  • 受信速度の高い「WiMAXハイパワー」搭載
  • 広範囲に電波を届ける「ビームフォーミング」
  • コンパクトで場所を取らないデザイン

WiMAX HOME 01は、現在発売されているホームルーターの中でも、一番スペックの高い製品です。

やっぱり新しい製品の方がいいんだね!
メーカーによって特徴は変わるけど、スペックだけで考えると『HOME L01』や『Softbank Air』よりも『WiMAX HOME 01』の方がいいね!
ぽけっぴー

「ホームルーターを設置したいけど、端末をどれにすればいいか選びに悩んでいる」という場合は、WiMAX HOME 01を選ぶのが最も賢い選択になりますよ。

【2019年版】おすすめモバイルWiFiルーターBEST3

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+
  • 月額2,170円から利用可能
  • WiMAXプロバイダ最安値
  • 最新機種も無料で利用可能
  • 3年間の総コストが安い

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最も安いのがGMOとくとくBB。1~2か月目2,170円、3ヵ月目以降3,480円と契約期間のトータルで見ると断トツ安いので、初めてWiMAXを利用する予定ならGMO以外だと数万円損してしまうレベルです。

SAKURA WiFi

  • 月額3,680円で利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • 3日間10GB以上、月100GB以上利用可能
  • WiMAXより電波が繋がりやすい

契約期間の縛りや日にちによる速度制限がないWiFiレンタルサービスの『SAKURA WiFi』。WiMAXのように3日10GBなどの縛りがないのに3,680円で利用可能。1日中にガッツリ使いたい方におすすめ。

縛りなしWiFi

  • 月額2,800円から利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • WiMAXやY!mobileとまったく同じ条件
  • 1ヶ月の短期にもおすすめ

WiMAXやSoftBankのポケットWi-Fiを契約期間なしで利用できるレンタルサービス。WiMAXのように契約期間の縛りがないのに月額2,800円で利用できたりと、1ヶ月~2年の短期で利用したい方にもピッタリです。

-ホームルーター

Copyright© TORIPOKE|鳥でも分かるポケットWi-Fi初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.