WiMAX

【徹底調査】WiMAXの通信速度を計測!実測値でどのくらい出る?

投稿日:

WiMAXの通信速度を計測して実測値を紹介「WiMAXが気になるけど、通信速度が遅かったら嫌だな…」なんて思っていませんか?

公式サイトに最大通信速度が書かれていて速いことはなんとなく分かるけど、外や自宅で快適にネットや動画を見れるのか?実測値でどのくらい出るのか気になりますよね。

結論を先にお伝えしておくと、WiMAXはビュンビュンに速くて快適な速度がでます!
ぽけっぴー

どの機種を選んでも基本的に10~30Mbpsは出るので、ネットや動画を見るには十分です。

ただ、WiMAXはモバイルWiFiルーターなので、使う場所や環境、機種によって速度が変わったり、速度制限によって遅くなったりするので、実際の速度を詳しく知りたいですよね。

そこで、こちらでは外や自宅、建物の中など色々な場所でWiMAXの実測値を計測しました!

こちらを見れば、WiMAXが実測でどのくらいの通信速度が出るのか分かりますよ。

WiMAX発表されてる速度はあくまで理論値

まず、大前提としてお伝えしておきたいのは、WiMAXで発表されている機種ごとの最大通信速度はベストエフォート(最大限の努力)であり、実際の速度はここまで速くありません。

光回線などインターネット回線の殆どが、ベストエフォート方式で公表されてるよ!
ぽけっぴー

WiMAXが現在発売している機種ごとの最大通信速度は以下のとおり。

Speed Wi-FiNEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05
wimax2+ w06 wimax2+ wx05
下り速度1,237Mbps
上り速度75Mbps
下り速度440Mbps
上り速度75Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi HOME L02
wimax2+ w05 WiMAX2+ L02
下り速度758Mbps
上り速度112.5Mbps
下り速度1,000Mbps
上り速度75Mbps

ここに書かれている速度はWiMAXの機種を選ぶときの一つの目安にはなると思いますが、あくまで環境が整った状態で出る最大速度であり、本当に大事になるのは実測値です

この実測値が遅ければ、インターネットや動画を快適に見ることができないし、画像やファイルなどのアップロードにも時間がかかってしまいます。

機種ごとの最高速度は公式サイトも見ればわかるので、ここからは実測値について検証していきます。

WiMAXのルーター3機種の実際の速度を計測!実測値は?

WiMAXの速度を計測して実測値を計る今回、実測値を計るために検証したのは、WiMAXで発売されている『W06』『W05』『WX05』の3機種。

速度調査の概要

  • 検証場所…外、自宅、建物の中
  • 通信モード…ハイスピード
  • パフォーマンス設定…ノーマル
  • 速度計測アプリSPEED TEST

WiMAXを無制限エリアで長い時間利用することを想定して、設定は「ハイスピード+ノーマル」にして、日常生活で利用しそうな3つのシチュエーションで速度を計測しました!

ちなみに、甘く詳しくない方のために下り速度の目安をお伝えしておくと…。

  • LINE・メール…128kbps~1Mbps
  • サイト閲覧…1Mbps~10Mbps
  • 動画視聴…1Mbps~20Mbps
  • オンラインゲーム…5Mbps~30Mbps

このようになっていて、2~5Mbpsあれは画僧が多いサイトや高画質動画でなければ普通に見れて、10Mbps以上あれば大抵のことがストレスなくできます。

では、早速それぞれのシチュエーションで速度を計測した結果を紹介していきます。

外で速度を計測したときの実測値

W06の外での通信速度

W06

W05の外での通信速度

W05

WX05の外での通信速度

WX05

機種 下り速度 上り速度 PING
W06 36~60Mbps 10~18Mbps 48~70ms
W05 30~40Mbps 5~14Mbps 48~70ms
WX05 25~35Mbps 5~12Mbps 48~70ms

外で速度を計測した結果、下り速度と上り速度の実測値はかなり速いことが分かりました。

特にW06は最新機種で最速と言われているだけあって、平均40Mbpsほど出ていることが多く、場所によっては60Mbps以上出ていたので光回線にも負けないくらい速かったです。

建物の中で速度を計測したときの実測値

W06の建物の中での通信速度

W06

W05の建物の中での通信速度

WX05

WX05の建物の中での通信速度

WX05

機種 下り速度 上り速度 PING
W06 22~38Mbps 4~8Mbps 48~70ms
W05 14~28Mbps 4~8Mbps 48~70ms
WX05 14~28Mbps 4~8Mbps 44~70ms

建物の中だと、下り速度も上り速度も外よりも若干遅くなってしまいますね。

WiMAXの電波は障害物に弱いので、建物の入り口付近や窓の近くなら上記のような速度がでますが、ビルの奥で窓がないと通信速度が遅くなり、14~20Mbpsになるときもありました。

まぁ、このくらい速度が出ていれば、カフェやビルの中でネットするには普通に利用可能です。

自宅で速度を計測した時の実測値

W06の速度(自宅)

W06

w05の通信速度(自宅)

W05

wx05の速度計測(自宅)

wx05

機種 下り速度 上り速度 PING
W06 26~32Mbps 3~5Mbps 48~70ms
W05 25~32Mbps 2~5Mbps 50~70ms
WX05 10~15Mbps 0.1~1Mbps 50~75ms

自宅で速度を計測してみると、外で利用するときより全体的に下り速度も上り速度も遅くなりました。

それでも、W06やW05は20~30Mbpsをキープしているし、WX05も10Mbps以上あるので、ネットや動画を見るには十分すぎる速度が出ていることが分かります。

ただ、WX05の上り速度がかなり遅いので、写真やファイルのアップロードには少し時間がかかりますね。

自宅で利用する場合は、バッテリーを気にしなくていいので、「ハイパフォーマンス」という設定にすれば、約1.5倍近く速度が上がるので、遅いと感じる場合は設定を変更しましょう。

WiMAXの通信速度は体感だと光回線と変わらない

WiMAXの通信速度の実測値

WiMAXの機種『W06』『W05』『WX05』を外・建物の中・自宅で速度を計測してきましたが、どの環境で利用してもネットや動画を見るために必要な下り通信速度は十分出てました!

特にW06は最新機種だけあって、W05やWX05よりも速度がビュンビュンに速い印象です。

2~4年前のWiMAXは建物の中に弱かったけど、最近の機種はかなり速くなってます。

動画配信や大容量ファイルなどをアップロードするには上り速度が不安ですが、ネットや動画、SNS、オンラインゲームをなど下り速度メインで利用するなら速度に困ることはなさそうです。

WiMAXの速度についての口コミを調べてみた

WiMAXを実際に使ってる方が速度についてどう感じてるのか口コミを調べてまとめました。

WiMAXの速度に対して遅いという口コミ

WiMAXの速度に対して「遅い」と評価している口コミの多くは、使う場所が悪かったり、速度制限により速度が遅くなったことに不満のあるものが多かったですね。

特に、WiMAXを使い始めたときによくあるのが、ハイスピードプラスエリアを使ってしまうこと。

ハイスピードプラスエリアは、「WiMAX回線+au LTE回線」を利用して高速通信が可能なんですが、7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかってしまいます。

無制限で利用できるのは「ハイスピード」だけなので注意しよう!
ぽけっぴー

速度計測でもお伝えしてきたように、ハイスピードでもネットや動画を見れる十分な速度がでるので、ハイスピードプラスエリアは圏外でちょっと使いたいときにだけ利用してください。

WiMAXの速度に対して速いという口コミ

WiMAXの通信速度の速さを実感している方は結構います。

口コミにも書いていますが、WiMAXは毎年のように新機種が出ているので、2~3年前よりも速度が向上しているし、光回線より数値では劣るけど体感的には変わらないレベルです。

速度制限や田舎などで使わない限り、速度で不自由することは滅多にありません!
ぽけっぴー

今まで光回線でオンラインゲームをしてた方にとっては、PING値(応答速度)が高くて遅く感じるかもしれませんが、ネットや動画、SNSなど下り速度の速さが重要なものだと困ることはないですね。

WiMAXの速度制限は割とゆるめ

wimaxの速度制限

WiMAXの悪い口コミにも書いていましたが、速度制限がかかると遅くなってしまいます!

そのため、速度制限にならないようにするのが大事ですが、WiMAXの速度制限はスマホの速度制限のように、何もできないほど酷い条件の速度制限ではありません。

スマホの速度制限

  • 制限の条件…契約データ量を超えたら
  • 制限後の速度…128Kbps
  • 制限解除…翌月or追加料金

WiMAXの速度制限

  • 制限の条件…3日間10GB超え、翌日から18~26時までの間
  • 制限後の速度…1Mbps(1,000kbps)
  • 制限解除…3日間10GB以下

WiMAXの通常プランだと7GBを超えると速度制限がかかってしまいますが、ギガ放題プランを契約すれば、上記のようにスマホよりも断然ゆるい速度制限になっています。

ちなみに、10GBあればYouTubeを標準画質で約41時間も見れます!
ぽけっぴー

毎日、高画質動画や画像の多いサイトを見なければ、月に100GB以上利用できるので困ることはないし、制限がかかるのは18~26時までの間で、3日間の合計が10GB以下になれば制限解除されるのも◎。

また、1Mbpsあれば、WEBサイトの閲覧やYoutubeもギリギリ見ることができます。

光回線のように完全無制限ではありませんが、速度制限の条件としてはかなりゆるめですね。

WiMAXの速度が遅いと感じる3つの原因

WiMAXを利用してて、「遅い」と感じるのには原因があるので、この遅い原因になっていることを対処しておけば、速度で困ることは滅多に起きないはずです。

1.電波が届きにくい場所・環境で使っている

WiMAXの電波が届きにくい

WiMAXはモバイル回線なので、電波の届きにくい場所や環境に弱いです。

  • 場所…対応エリア外、地下鉄や地下街
  • 環境…障害物が多い、窓がない、電波干渉

利用する場所がWiMAX対応エリアではなかったり、WiMAXが利用できない地下街や地下鉄の場合、電波が届かないので「繋がりにくい」「遅い」と感じてしまいます。

最近は東京メトロや大阪メトロ、博多駅の地下街など使える場所が増えているけど、まだ使えない区間などもあります!
ぽけっぴー

また、WIMAXの電波は「まっすぐ早く進む」特徴があるので、窓の少ないビルやマンションの中だと速度が遅くなることもあるので、自宅などで使う場合は電波をキャッチしやすいように窓際に置きましょう。

使うときは電波を遮断しないように、障害物などを周りに置かないのがポイントです。

2.利用機器の性能が低い

スマホやパソコンなど、利用機器側のWiFi性能が低いのも速度が遅いと感じる原因です。

一部地域でだけ通信速度が遅いのではなく、どこで使っても速度が遅い場合は利用機器のWiFi性能が低い可能性があるので、スマホやパソコン、タブレットを新しいものに変える必要がありますね。

3.速度制限がかかっている可能性がある

普通に使えていたのに急に速度が遅くなった場合は、速度制限がかかっている可能性があります。

先ほど、「WiMAXの速度制限の条件はゆるめ」とお伝えしましたが、それでも高画質動画や毎日長時間ネットやSNSをする、家族3~4人で利用してると制限にかかりやすいです。

また、ハイスピードプラスエリアは月7GBを過ぎると速度制限がかかるのを知らずに、ハイスピード設定に戻し忘れて速度制限になる方も多いので、その点も注意が必要。

3日間10GBを超えないように、WiMAX端末の通信量カウンターを3日10GBに設定しておきましょう。

WiMAXの通信速度まとめ

最後に、WiMAXの通信速度についてまとめておきます!

  • WiMAXの実測値は外でも自宅でも10~30Mbps出て快適
  • 機種で速度が変わるため、速さで選ぶならW06
  • ネットやSNS、動画を見るならストレスを感じることはない
  • 速度制限にかからなければ、速度で困ることはない

WiMAXの通信速度を計測しましたが、利用場所が田舎の方でWiMAX電波の届かない場所や窓のない場所以外なら、10~30Mbpsも出るのでネットやSNS、動画に利用するなら不便することはまずないです。

ただ、WX05など機種によっては建物の中だと上り速度が遅くなるので、動画配信や大容量ファイルを送るには不向きだったり、PING値が高いのでオンラインゲーム(特にFPSや格闘ゲーム)をするとラグる可能性も。

そのため、動画配信やオンラインゲームなどをする方の場合は光回線を利用した方が安定します。

しかし、サイト閲覧やSNS、動画を見るくらいなら体感的に光回線と変わらないのでWiMAXで十分ですよ。

【2019年版】おすすめモバイルWiFiルーターBEST3

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+
  • 月額2,170円から利用可能
  • WiMAXプロバイダ最安値
  • 最新機種も無料で利用可能
  • 3年間の総コストが安い

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最も安いのがGMOとくとくBB。1~2か月目2,170円、3ヵ月目以降3,480円と契約期間のトータルで見ると断トツ安いので、初めてWiMAXを利用する予定ならGMO以外だと数万円損してしまうレベルです。

SAKURA WiFi

  • 月額3,680円で利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • 3日間10GB以上、月100GB以上利用可能
  • WiMAXより電波が繋がりやすい

契約期間の縛りや日にちによる速度制限がないWiFiレンタルサービスの『SAKURA WiFi』。WiMAXのように3日10GBなどの縛りがないのに3,680円で利用可能。1日中にガッツリ使いたい方におすすめ。

縛りなしWiFi

  • 月額2,800円から利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • WiMAXやY!mobileとまったく同じ条件
  • 1ヶ月の短期にもおすすめ

WiMAXやSoftBankのポケットWi-Fiを契約期間なしで利用できるレンタルサービス。WiMAXのように契約期間の縛りがないのに月額2,800円で利用できたりと、1ヶ月~2年の短期で利用したい方にもピッタリです。

-WiMAX

Copyright© TORIPOKE|鳥でも分かるポケットWi-Fi初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.