モバイルルーター

WiMAX2+『WX04』の評判をアンケート調査!他機種と性能・機能を比較してみた

更新日:

WX04の評判

最新機種『W06』が発売開始!

2019年以降に契約・機種変更するなら『W06』がおすすめ!
詳しくはこちら⇒『WiMAX2+『W06』を徹底レビュー!

WiMAX2+の契約を考えているけど、どの機種がいいのか迷っていませんか?

こちらでは、2017年11月に発売された『Speed Wi-Fi NEXT WX04』の評判や口コミをアンケート調査し、『WX04』のメリットやデメリット、『W05』と比較してどうなのかをまとめています。

WX04を選んでも大丈夫なのか知っておきたいなー。
速さや持ち運びやすさ重視なら『W05』を選んだ方がいいけど、自宅で利用することが多い、バッテリー持ちも気になるなら『WX04』を選んだ方がいいね!
ぽけっぴー

W05をおすすめする方も多いですが、WX04も決して悪い機種ではありません。

「WX04利用者の評判を知りたい」「WX04とW05で迷っている」という方は、コチラで紹介する『WX04』のアンケート結果や比較、メリット・デメリットをご覧ください。

評判やWX04とW05の比較を公平に説明していくので、あなたの理想に近い方を契約しましょう。

今すぐWX04を契約したいなら「WiMAX2+『WX04』を損せず申し込む方法」をご覧ください。

『WX04』の評判をアンケートした結果【満足度3.80点】

WiMAX2+『WX04』を実際に利用している方が、どんな評価をしているのかクラウドワークスを利用して26名の方にアンケート調査を行って調べてみました。

調査内容

  • 職業
  • 住居形態
  • WX04を利用し始めた理由
  • 主な利用目的
  • WX04の不満な点
  • WX04の満足している点
  • 速度・繋がりやすさ、バッテリーの満足度
  • WX04の総合的な満足度(5段階評価)
  • 検討している方に一言

まずは、WiMAX2+『WX04』の総合的な満足度についての調査した結果を紹介しておきます。

WX04の評判をアンケート調査した結果

WX04は、発売当初に初期不良が多かったため、価格.comなどの口コミではかなり低評価をされていましたが、2018年11月時点でWX04を利用してるユーザーの満足度は平均3.80点と高評価。

「悪い」「とても悪い」と評価する方はいませんでしたが、不満な点として

『WX04』のココがダメ

  • W05、W04などHUAWEI製よりも通信速度が遅い
  • トンネルや高層階、地下に行くと電波が弱くなる
  • サイズがちょっと大きい

地下やビルの高層階、田舎だと電波が悪くなってしまうことや、最新機種のW05が発売されてからは、サイズや通信速度などが比較されてしまってるようですね。

次に、WX04の満足してる点を調査した結果は、

『WX04』のココがおすすめ

  • バッテリー容量が多い
  • 出張中でもバッテリーを気にせず使える
  • 速度が速く、安定してて使いやすい
  • 工事不要で持ち運びもできる
  • 複数台繋げれるから家族で使うのも便利
  • 場所によってモードを切り替えれる
  • 画面が大きくて操作しやすい
  • スマホを含めて、全体的にコストダウンできる

など、バッテリー容量の多さや動画やネットもサクサク、自宅でも繋がりやすいことに満足していますね。

WX04の特徴として大きいのが「バッテリー持ちと自宅での通信が安定してる」ことです。

ノーマルモードだと11.5時間も利用できるバッテリー容量の多さや、ビームフォーミングと呼ばれる技術のおかげで電波の受信感度が高いので、通信が途切れることなく安定してくれますよ。

では、ここからはWX04のメリット・デメリットを詳しく説明していきますね。

『WX04』の評判で気になる2つのデメリット

WX04の評判で分かったデメリットを申し込みをする前に知っておきましょう。

  • 『W05』と比べると速度が遅く、持ち運びしにくい
  • 利用期間が3年契約のみ

地下やビル内、田舎に行くと電波が悪くなるという意見もありますが、auのLTE通信を利用した「ハイスピードプラスエリアモード」を使えば解決することができます。

1.W05よりも速度が遅く、サイズが大きい

WX04の口コミや不満な点を見ると、WX04が発売されたあとに出た最近機種W05よりも速度が遅いことや、端末のサイズが大きいという意見がありました。

実際に『WX04』と『W05』を比較してみると…。

  W05 WX04
  W05 w04
発売日 2018年1月 2017年11月
下り最大速度 558Mbps
(LTE利用時758Mbps)
440Mbps
上り最大速度 30Mbps
(LTE利用時112.5Mbps)
 30Mbps
(LTE利用時75Mbps)
サイズ(mm) W130×H55×D12.6 W111×H62×D13.3
重さ 約131g 約128g
バッテリー 約9時間 約11.5時間

通常時の下り速度や、LTE利用時の上り速度がW05よりも遅く、やや重いですね。W05が細長くて薄いのに対して、WX04はコンパクトにまとまってるぶんだけ少し厚いイメージです。

確かに、W05と比べてしまうと通常の最大通信速度が115Mbpsの差があるので遅いように見えますが、実際に利用してる方で速度に不満を持っている方はいませんでした。

アンケートでも、満足してる点として「通信速度が速く、ネットや動画を見ててストレスを感じない」という意見もあるため、よっぽど速度が必要な作業をすることがないなら気にする必要はありません。

スペックだけで比べると、W05より劣りますがモバイルルーターとしては十分な速度です。

2.最低利用期間が3年契約のみ

WiMAX2+はプロバイダによって2年契約と3年契約の選択ができるのですが、WX04は本家UQ WiMAX以外だと【3年契約】でしか申し込みをすることができません。

2年契約の方が、キャッシュバックや月額割引の恩恵が大きいので、お得感が少し薄れてしまいますね。

とはいえ、3年契約だと「LTEオプション」が無料になるので、地下やビル、田舎などWiMAX2+の電波が届かない場所でもauのLTE通信を使うことが可能になります。

au 4G LTE

自宅や決まった場所でしかWiMAX2+を使わないなら必要ないオプションですが、旅行によく行ったり、地下で利用することが多い方には便利なオプションです。

ただ、LTEを使う機会が少なそうなら、2年契約できるWX04以外のルーターを選びましょう。

LTEオプションがあれば、電波が悪いところでも安心なんだね!
そうそう!だけど、2年契約の場合は、LTEオプションを利用すると月額1,000円かかるから、LTEをよく利用するなら3年契約の方がお得だね!
ぽけっぴー

『WX04』で評判のよかった満足できる3つのメリット

続いて、WiMAX2+『WX04』の性能や機能で、評判の良かったものが以下の3つです。

  • バッテリー持ちがよく、交換することも可能
  • 電波が安定してるからネットや動画もサクサク
  • 自宅など室内でも受信感度をよくする専用クレードル

それぞれのメリットについて詳しく紹介していきますね。

1.大容量バッテリー&交換も自分でできる

WX04のメリットと言えば、大容量バッテリーのおかげで充電が長持ちすることです。

ノーマルモードで約11.5時間、速度の速いハイスピードで利用しても約8.1時間も持つので、1日中外で使ってもバッテリーが足りなくなることはほとんどありません。

W05と比べて、1.6~2.5時間もバッテリー持ちがいいですね。

連続通信時間 W05 WX04
  W05 w04
ハイスピードモード 6.5時間 8.1時間
ノーマルモード 9時間 11.5時間
バッテリーセーフモード 10.5時間 13.8時間

外で使いたいときだけ、ちょこちょこ使うならW05でも十分バッテリーは持ちますが、1日中、カフェなどでパソコンを使いたいのであれば、WX04の方が電池切れの心配が減りますよ。

しかも、電池内臓のW05と違い、自分でバッテリー交換も可能!

バッテリーは使用期間が長くなるほど、電池の消耗が早くなりますが、交換することによってバッテリーが復活するので、自分で簡単に交換できるのは嬉しいですね。

2.電波が安定しやすいビームフォーミング機能

WX04のビームフォーミング

WX04になってから初めて搭載されたのが『ビームフォーミング機能』。

ビームフォーミング機能とは、今まで360度均等に発していた電波を接続しているスマホやパソコンに向けて発することで、無駄な電波を減らして通信を安定させる機能のことです。

以前のWX03と比べて、体感的に大きく変わりませんが、ビームフォーミング機能は家庭向けルーターに搭載されていた機能なので、自宅で利用するときのネットが快適になります。

WX04のビームフォーミング機能

特に、専用クレードルと一緒に利用すると通信速度や繋がりやすさが全然違ってきますよ。

3.専用クレードルで自宅でも電波が入りやすい

WX04のクレードル

WX04のクレードルには、Wウィングアンテナという受信感度を高める機能がついています。

WiMAX2+は外では電波が良く、繋がりやすいのに、室内に入ると電波が悪くなることが多いのですが、このクレードルのおかげで自宅で使うときも電波が入りやすくなるんです。

外でも使いたいけど、自宅で使うことも多い方はクレードルも一緒に買った方がいいですね。

自宅の同じ場所でも、下りと上りの通信速度が全然違います。

  • クレードルなし…下り速度27.3Mbps、上り速度0.19Mbps、ping59ミリ秒
  • クレードルあり…下り速度43.3Mbps、上り速度2.44Mbps、ping68ミリ秒

クレードルがあるかないかだけで16Mbpsも変わってる方がいました。3.5Mbpsあれば高画質で動画を視聴するのに全く問題ない速度なので、この速度差はかなり大きいですね。

持ち運びできないSoftBank Airと比べても、下り速度はほぼ変わらず、上り速度に関してはWX04の方が早いです。持ち運びができるぶんWX04の方が使いやすいのでは?と思います。

自宅で電波が入りやすくなるのは嬉しいね!
W05のクレードルにはない機能だから、自宅で大活躍するよ!自宅で動画を見たり、利用頻度が高い方は、ぜひ用意しておきたいね!
ぽけっぴー

『WX04』と『W05』ならどっちがおすすめ?

W05とWX04の比較

『WX04』と『W05』で迷っているなら、以下を参考にしてください。

  • 速度重視…カフェや外で快適なネット環境を手に入れたいなら『W05』
  • バッテリー重視…長時間外で使うことが多い、自宅兼用で使うなら『WX04』

速度差や3年契約しかできないというデメリットもあるため、W05をおすすめし、WX04を否定する方もいますが、外と自宅の両方で満足できる速度で利用したいなら、WX04の方がおすすめです。

あなたの使い方に合ったルーターを選びましょう。

WiMAX2+『WX04』を損せず申し込む方法

W04を契約するなら、キャンペーンが充実したプロバイダを利用しないと損してしまいます。

WiMAX2+はUQコミュニケーションズの提供しているサービスですが、公式サイトやauショップ、家電量販店などで申し込むと、キャンペーンや月額割引がほとんどないのでおすすめできません。

というのも、キャッシュバックや月額割引があるだけで、総額料金が大きく変わってくるんです。

プロバイダ名 キャンペーン 3年間総額 実質月額
GMOとくとくBB キャッシュバック
41,500円
107,163円 約2,976円
BroadWiMAX 月額割引 131,626円 約3,656円
UQ WiMAX なし 160,112円 約4,447円
ビッグカメラ 商品券 154,752円 約4,298円
au WiMAX なし 165,312円 約4,592円

こちらを見ていただけると分かるとおり、プロバイダによって月額料金やキャッシュバックキャンペーンを行っているため、本家のUQWIMAXよりも約30,000円以上もお得になります。

プロバイダによって、速度やエリアが変わるわけじゃないのに安い方を利用しないのは損ですよね。

同じWX04を利用するのであれば、お得なキャンペーンを実施してるプロバイダを選びましょう。

おすすめのプロバイダは月額料金割引の『Broad WiMAX』

Broad WiMAX

WiMAX2+『WX04』の契約で、確実に損したくないならBroad WiMAXの月額割引がおすすめです。

Broad WiMAX月額割引なら通常4,380円が、1~2ヶ月目2,726円、3~24ヶ月目まで3.411円で利用できます。

確かにキャッシュバックの方がトータル費用は安くなりますが、GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取れるのが11ヶ月後と遅いうえ、申し込みを忘れると受け取ることができません。

著者は昔、キャッシュバックを受け取れずに高い料金を払い続けたことがあります。

高額キャッシュバックは魅力的ですが、受け取れずに損するリスクを冒すよりも、月額割引を利用したほうが毎月お得にWiMAX2+を利用できますよ。

Broad WiMAX月額割引https://wimax-broad.jp/

GMOとくとくBBキャッシュバックhttps://gmobb.jp/wimax/

確実にキャッシュバックを受け取れる自信がある方は、GMOとくとくBBを選ぶのもいいと思います。

まとめ:外で長時間使いたい、自宅で使うことも多いなら『WX04』

『WX04』の満足度まとめ

  • 速度:3.92点
  • 繋がりやすさ:3.50点
  • バッテリー持ち:3.38点
  • 総合満足度:3.80点

以上、WX04の評判やメリット・デメリットについて紹介してきました。

WX04は、最新機種のW05と比べて、速度やサイズが劣ったり、初期不良があったせいで「評判が悪い」と言われていますが、普通に使う分には十分満足できるルーターになります。

  • 下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsとモバイルルーターとして満足できる速度
  • 「ハイスピードモード」でも8.1時間も利用できる
  • ビームフォーミング機能で通信も安定
  • 専用クレードルで自宅でも電波が入りやすい

確かにW05の方が速度が早く、2年契約できるので、速度と料金で考えるとWX04はおすすめできません。

しかし、あなたが普段から長時間外で利用する方だったり、自宅メインで使うことも考えてるなら『Speed Wi-Fi NEXT WX04』が理想に近い機種になると思いますよ。

W05もWX04も良いルーターだから、自分に合わせて選べばいいんだね!
自宅に光回線があって外でしか使わないなら『W05』がいいけど、外と自宅兼用で使うなら『WX04』の方がおすすめだよ!
ぽけっぴー

WiMAX2+を手に入れて、GB不足や速度制限のストレスがない生活を送ってください。

Broad WiMAX公式サイト

【2019年版】おすすめモバイルWiFiルーターBEST3

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+
  • 月額2,170円から利用可能
  • WiMAXプロバイダ最安値
  • 最新機種も無料で利用可能
  • 3年間の総コストが安い

WiMAXプロバイダの中で月額料金が最も安いのがGMOとくとくBB。1~2か月目2,170円、3ヵ月目以降3,480円と契約期間のトータルで見ると断トツ安いので、初めてWiMAXを利用する予定ならGMO以外だと数万円損してしまうレベルです。

SAKURA WiFi

  • 月額3,680円で利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • 3日間10GB以上、月100GB以上利用可能
  • WiMAXより電波が繋がりやすい

契約期間の縛りや日にちによる速度制限がないWiFiレンタルサービスの『SAKURA WiFi』。WiMAXのように3日10GBなどの縛りがないのに3,680円で利用可能。1日中にガッツリ使いたい方におすすめ。

縛りなしWiFi

  • 月額2,800円から利用可能
  • レンタルだから契約期間の縛りなし
  • WiMAXやY!mobileとまったく同じ条件
  • 1ヶ月の短期にもおすすめ

WiMAXやSoftBankのポケットWi-Fiを契約期間なしで利用できるレンタルサービス。WiMAXのように契約期間の縛りがないのに月額2,800円で利用できたりと、1ヶ月~2年の短期で利用したい方にもピッタリです。

-モバイルルーター

Copyright© TORIPOKE|鳥でも分かるポケットWi-Fi初心者ガイド , 2019 All Rights Reserved.